蜂の巣退治をする前に知っておくこと!~危険な蜂が戸袋に巣を作る~

住宅に蜂が巣を作っていたら刺される前に駆除をしましょう!  
  
住宅に蜂が巣を作っていたら刺される前に駆除をしましょう!

自宅の戸袋で蜂の巣を発見した場合は蜂の巣退治を行ないましょう

蜂

現在では、様々な種類の蜂が住宅付近に巣を作るようになってきており、蜂に刺される人の数も年々増えています。住宅の幹先や戸袋などにまで巣を作ることがあるので、住宅周辺で蜂の巣を見つけた場合は刺されないためにもすぐに駆除を行ないましょう。

住宅の周辺を探索してみよう

換気口や軒先を点検

住宅の屋根裏や床下に蜂の巣が作られている場合は、換気口から出入りしている可能性が高いです。また、雨風を防ぐことが出来る幹先も蜂が目を付ける場所になっているので、蜂が飛んでいるのを見かけたら確認してみましょう。

戸袋や物置の内部をチェック

雨戸を長い間動かしていないと、戸袋の隙間に蜂が侵入して巣を作ることがあります。また、人の気配が少ない物置も蜂たちにとっては絶好の場所になるので、使用していない期間が長いなら一度チェックしたほうが良いでしょう。

蜂が巣を作りやすい場所を確認して蜂の巣があった場合は、蜂の種類や巣の大きさに合わせて最適な対応を行いましょう。蜂は近づくものを敵として認識し攻撃してくるので、むやみに蜂の巣へ近づき様子を見る行為をしないようにしましょう。

基本的にスズメバチ以外の蜂は自力駆除が可能です

蜂の中で最も危険性が高いスズメバチは駆除業者に駆除してもらうのが最適です。しかし、スズメバチ以外のアシナガバチやミツバチは、場合によって市販の殺虫剤でも駆除が可能です。自ら駆除する場合はきちんとした知識や道具などが必要です。

それぞれの蜂が持つ特徴と性質

スズメバチ
身体が大きく攻撃性の高い蜂です。住宅の庭木や幹下などにも巣を作ることがあり、誤って巣に近づいてしまうと刺されてしまう危険性があります。スズメバチは毒性が強いため、刺されると重症化する可能性もあります。
アシナガバチ
アシナガバチは身体が細長く、足が長いです。攻撃性は低く毒性も弱いですが、巣に近づき刺激すると攻撃してきます。住宅のベランダや壁など、どのような場所にでも巣を作ります。危険性は低いですが、住宅に巣がある場合は早めに駆除したほうがいいでしょう。
ミツバチ
ミツバチは身体が小さく、毛が生えているのが特徴です。めったに攻撃してくることはありませんが、触ったり巣に刺激を与えたりすると攻撃してきます。住宅に巣を作る場合は、床下や屋根裏など、閉鎖的な場所に巣を作ります。

ミツバチは巣全体で冬を越すことができます

アシナガバチやスズメバチの女王蜂以外は冬を迎えると寒さで死んでしまいますが、ミツバチは働き蜂も巣に残り冬を越します。どのような方法で冬を越すのかというと、巣の中で蜂たちが密集することで体温を上げて寒さをしのぐのです。

安全に駆除するために必要なこと

男性作業員

このように蜂の種類によって危険性や性質は大きく異なるため、最適な対応を行わないと刺されて重症を負ってしまう可能性があります。自力で巣を駆除する際は、対応に注意する必要があります。安全に駆除するためには業者に依頼した上で予防も行ないましょう。

TOPボタン